太ってしまうと服代がかかる

太ったせいでスーツや服が着れなくなってしまった

太っていることで、今まであきらめてきたことは、ありきたりですが、痩せていた時の洋服が着たくても着れなくなったことです。
私は、幼稚園教諭をしていましたので、スーツを着る機会があまりありませんでした。しかし、入園式や始業式、入園説明会や、茶話会など、行事でスーツを着用しなければならないことが年に数回ありました。数回のことですので、あまり数を用意せずにいましたので、何着かを着まわしていました。
それが、太ってしまったことにより、今まで着れていたスーツが着れなくなってしまったのです。これには困りました。徐々に太っていったので、毎回の行事ごとにスーツを新調しなければならず、精神的にも、金銭的にも大変な思いをしました。
また、仕事のスーツだけでなく、お気に入りのスカートやボトムが次々に入らなくなったので、もう本当に悲しかったです。それから、水着になる時も、上に1枚Tシャツを着なくては恥ずかしく思うようになってしまいました。
おしゃれのためではなく、太ったから入るものを買わなくてはならなかったのは、つらいことでしたが、あきらめるしかありませんでした。